SPONSORED LINK

あなたの中で「今すぐに!」って何秒までですか?

 

東京に上京してきて、15年以上にもなると、

時間の使い方といいますか、

 

時間の感覚が、

妙に研ぎすまされてしまって、

 

のんびり屋の沖縄人でも、

案外、せっかちになってしまっています。

 

先日、私はあることに気がつきました。

 

「今すぐに!」って言われると、ものの数秒ぐらいで、

できることを東京では言うけれど、

 

沖縄で「今すぐに!」って言われても、

何だかんだで、数分ぐらいは待つことがあって、

 

それでもそれを、“良し”とする雰囲気とかが、

沖縄にはあるよなぁーと思ったのです。

 

沖縄に行くと時間の流れが、

ゆっくりしていると感じるのは、

 

ただ単に、時間にルーズな人が、

多いと言う事もありますが、

 

「今すぐに!」などと言われたりしても、

沖縄では、時間の感覚にズレがあるから、

 

ちょっとした待ち時間などでも、

のんびりしていると感じてしまうと思います。

 

そんな沖縄に、イライラする人もいるのですが。

 

Okinawa(790)

 

SPONSORED LINK

東京がせっかちなだけなのか?

 

東京では、予約を受け付けていないお店が、

満席の状態になっていると、

 

必ずと言ってもいいほど、ほとんどのお客さんが、

何分ぐらい待ちますか?」って聞きます。

 

この“何分”っていうことを聞く時点で、

東京と沖縄で、もの凄いズレを感じます。

 

沖縄だと“何分”ってまで、細かく聞く人は、

東京よりは全然少ないと感じます。

 

そして、店員さんが、

 

「あと3分ぐらい待ちます」とか、

「あと5分で案内できます」とか言っても、

 

東京では、その店から出てしまう人が、

とても多いように感じます。

 

Okinawa(789)

 

あくまでも、常に行列が出来ている店なら、

何時間でも並ぶことも、東京ではよくありますよ。

 

(沖縄人は行列が苦手)

 

ただ、ごく普通の飲食店とかだと、

こうしたちょっとした待ち時間でも、

 

何か急いでいる用があるのか、

他に空いている店に、移動した方が早いと思うのか、

 

理由は、人それぞれかも知れませんが、

東京では待てない人も多いのです。

 

だから、東京では店員さんも、

待ってくれないお客さんもいると、

分かっているので、

 

「片付け次第、すぐに案内できます」とか、

「1組が会計しますので、、、」などと、

 

“何分”とは言わずに、言い回しを変えて

お客さんを逃がさないようにしたりするのですが、

 

逆に、お客さんもお客さんで、

お店側は、実はすぐに案内できないのに、

 

店員さんが、

本当のことを言っていないと感じ取って、

 

「だから何分待つの?(怒)」

 

みたいな感じで、

キレ気味に聞き直す人もいますね。

 

また、別のお店では、

 

どうせ他にも、たくさんお客さんは来るから、

帰る人をいちいち気にしていられないと、

 

強気な応対のお店があることも、

いかにも東京って感じもするのです。

 

 

せっかちというのは、

人によっても違うのかも知れませんが、

 

東京以外に関西でも、

せっかちな話はいろいろと聞きます。

 

 

「今すぐに!」とか、

「あと何分ですか?」など、

 

沖縄では、そういう時間を、

あまり気にしていない人も多いので、

 

沖縄に行った際には、

いろいろと気にしてみるのも良いと思いますよ。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK