SPONSORED LINK

 

沖縄で仕事が見つかっても横の繋がりに注意!?

 

仕事が見つかってから、沖縄には移住をして欲しいのですが、

なかなか見つからない人もいれば、すんなり見つかる人もいます。

 

たとえ仕事が見つかっても、

実際に働いて見るとブラック的な会社だった!

 

ということも沖縄では結構ありがちです。(笑)

 

<参考記事↓>

 

そうじゃない会社もあるのですが、

沖縄では横の繋がりが広かったり、会社内に身内の社員がいることは

ごく普通で下手したら役員が、すべて身内で固められている会社もあります。

 

こうなっては、社員はうかつに会社の愚痴もこぼせないほど、

不満があっても言いにくいし、働きづらくなってしまうのです。

 

Okinawa(011)

 

沖縄では、仕事を探すときには、知り合いに声を掛けたりすることもあれば、

逆に人を探していると、声を掛けられたりすることもあります。

 

それが良い結果になることもあれば、そうじゃない場合もあります。

 

知り合い同士だからこそ、やりにくくなることがあるのです。

 

じゃあ、そこに移住者が入社すると、

どんなことが起こるのか?

 

ヒロヒロだったら、入社して気をつけることを書きますと、

 

1、社長や役員の身内が、どの程度いるのか把握する

 

入社した直後というのは、どうしても前の会社と比べてしまいがちで、

ちょっとしとした不満は、すぐに見つかると思います。

 

でも、それをすぐに他の社員に言うのは控えます。

(とりあえず)

 

話しをした社員が、

社長の身内だったりするかも知れませんので、

 

一通り、全社員にどれぐらいの身内がいるのかを、

ある程度、把握するまでは、おとなしくしておきます。

 

さすがにこのことは仕事中には聞けないので、

 

お昼休みや飲み会など、

少し気が緩むタイミングなどを見計らって聞くのが良いでしょう。

 

(神経質?いえいえ沖縄だったら警戒した方が無難)

 

2、男女関係もきっちり調べておく

 

沖縄人というのは、どこかオープンすぎる人もいて、

過去の男女間などを、普通にベラベラとしゃべる人も多く、

 

社員の〇〇さんの兄弟と、昔は付き合っていたとか、

社員の〇〇さんの従兄弟と、私の兄弟が結婚したけど今は別居中などと、

 

上手くいっていない恋愛事情を、

聞いてもいないのに、聞かされることもあります。(笑)

 

もちろん、上手くいっている人もいますので、

 

あの人は社長の娘の旦那さんとか、

社員同士で結婚して、ずっと同じ職場にいる人もいます。

 

仕事をしているだけでは、

こういうことが見えてこないときもあるので、

 

もしも気になる人が現れたら、そこも注意しましょう。

(なんのアドバイスだよ。笑)

 

SPONSORED LINK

3、誰かの紹介で入社した人がいないかの確認

 

会社で気をつけるのは、身内の人だけではなく、

社員同士が、友人だったり、学生時代の先輩や後輩など、

横の繋がりにも注意が必要です。

 

愚痴った相手が、実は友人同士だった!なんてことが、

後々わかってしまっても、時すでに遅し。

 

こういう手遅れになることだけは、避けたいですよね。

(なんだか沖縄って面倒だな。笑)

 

それに、あくまでも仲が良いから、仕事を紹介したりして、

その会社に、入社して来たとは思うのですが、中には、

 

ひとりだけ出世してしまい、それがきっかけで仲が悪くなるなど、

社内での上下関係と、プライベートでの上下関係が逆転してしまって、

それでギクシャクする場合もあります。

 

実際にヒロヒロの友人が、これで嫉妬してしまって、

それ以来、会社内では顔を合わせるけど、

プライベートでは一切会わない人もいます。

 

さて、ここまでどうだったでしょうか?

 

細かいことを書くと、結構キリがないです。

 

仕事よりも人間関係で疲れそうですね。(笑)

 

たぶん、沖縄に移住すると、横の繋がりが広いことで、

仕事とプライベートが混同されることも多いので、

意外と避けては通れないことも出てきます。

 

それがストレスに感じる人もいますが、

もしも、そういう職場に当たったとしても、

 

そこで抵抗ばかりしては、結局は自分が参ってしまいますので、

もうある程度のことは、受け入れる覚悟を決めておいてください。

 

沖縄の仕事は、ただ働けば良いって事ではないのかも知れません。

 

がんばれ!移住者よ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK