SPONSORED LINK

引越し業者の話術にはご注意を!

 

引越し業者に一括で、見積もりを依頼すると、

どうしても電話での対応になる業者もいて、

 

そのやり取りが面倒に感じることがあります。

 

これは私が実際に体験したことで、

いくつかの業者から、似たような対応をされたのですが、

 

最初である程度の荷物の量を記入して、

引越し先や引越し日などを、メールで伝えてあるのに、

 

メールでは金額を提示せずに、

いきなり電話を掛けてくる業者もいます。

 

しかも、

「荷物の量ってどれぐらいですか?」とか、

 

こちらが最初にメールした内容が、

担当者に全く伝わっていないケースもあって、

 

心底ガッカリする気持ちになったり、、、

 

まあ、それを根気強く粘って粘って、

なんとか最終的には、費用を安くおさえられますので、

 

引越し費用を、できるだけ節約したい人は、

一括で複数の業者に、見積もりを出した方がお得です。

 

参考記事はこちら↓

 

小さな会社は人件費も抑えていますので、

そこまで電話をしてくることは少なくて、

 

メールだけでかなり安い金額を、

提示してくるところもあります。

 

大手の会社ほど、資金力もありますので、

だいたいは、メールではなく電話をしてきます。

 

そして、ほとんどの引越し業者が、

「希望の予算を言って下さい」

みたいなことを言ってきます。

 

このセリフって、ある意味では卑怯です。

 

だって、こちらはある程度のことは、

事前に伝えてあるので、

 

引越し業者は、

すぐにでも金額がだせるはずなのに、

 

それをあえて言わずに、

向こうからこちらの懐を探ってくるのです。

 

これを分かりやすく例えるなら、

 

合コンに参加して、

相手の年齢を聞いているのに、

 

「いくつに見える?」って、

聞き返されたときみたいにイラッとします。(笑)

 

引越し業者にも、

電話対応が上手い人もいれば、

不慣れな人もいますが、

 

「希望の予算を言って下さい」

みたいなことを言ってくる人は、

 

だいたい対応が上手い人が多いです。

 

それだけ年数を重ねていろいろと、

経験を積んでいるのでしょうね。

 

そんな人に、

ついポロッと値段を言ってしまうと、

 

「じゃあその値段で良いですよ!」

 

みたいな感じで、

丸め込まれそうになるので、

 

できるだけ私は、

自分からは値段は言わないようにしました。

 

逆にこちらも、

「定価だといくらなんですか?」とか、

 

質問に質問で聞き返したりして、

まずは相手から、おおよその値段を提示してもらい、

 

それから少しづつ交渉していって、

必ずどんなに安くても即決せずに、

 

1度は電話を切るようにしました!

コレは非常に大事です。

 

 

SPONSORED LINK

引越しの見積もりは1日がかりの作業になる!

 

だいたい一括で引越しの見積もりを頼むと、

10社ぐらいには依頼がいくので、

 

そのすべての引越し業者の値段が分かるまでは、

絶対に即決はしない方が良いです。

 

でもそうなると、

何時間も待たなきゃいけなくなりますが、

 

引越し費用をできるだけ安くすませるなら、

それぐらいの根気は必要です。

 

もしも一括で見積もりを頼むのであれば、

休日の午前中にメールで依頼をして、

 

できるだけその休日は、いつでも電話やメールが、

出来る状態にしていた方が良いです。

 

そうすると、ほとんどその日の夕方までには、

すべての業者の値段が分かるはずなので、

 

そこから1番安い業者に、

最後にこちらから電話をすれば良いだけです。

 

午前中は、ひっきりなしにメールも電話も、

たくさん来るので、嫌に感じるかも知れませんが、

 

お昼を過ぎてきたら、その数は確実に減ります。

 

午後になっても、そこまで電話はこないので、

テレビを見ながら、適当に待っていれば良いだけです。

 

そして、夕方ごろには、

すべての業者の値段が分かっていますので、

 

その日の夜か、次の日にでも連絡すれば、

あとは、引越し日を待つだけです。

 

おすすめの記事はこちら↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK