SPONSORED LINK

 

沖縄は労働法違反が普通なのか?

 

沖縄労働局が、2015年の間に調査をした企業は1069ヵ所あって、

そのうち労働関係法違反があった企業が82%もあり、

監督や指導を行った件数が、873ヵ所あったと発表しました。

 

しかも、沖縄の企業の違反率82%というのは、

実に全国平均の69%よりも上であるということも発表されました。

 

個人的には、やっぱりそうだよなぁ、、、と思ってしまうほど、

この数字は改めて、沖縄の労働環境がいかに悪いかが、

改めて示されてしまった結果だと実感しますね。

 

沖縄では、もうこの手の話は聞き飽きるほど、

「経営者VS労働者」なんていうのは日常茶飯事です。

 

これでまた、公務員の人気がさらに上がるでしょうし、

まともな企業を探すほうが、沖縄では難しいかも知れません。

 

 

沖縄の企業の法令違反の内容とは?

 

企業の法令違反でもっとも多かったのは、

時間外労働に関する違反が、240ヵ所もあり、

 

次に多かったのが残業代の不払いに関する違反で、

これが201ヵ所にものぼったそうなんです。

 

いったい全体、従業員をなんだと思っているのでしょうか?

 

沖縄では、いまだに古い体質というか、

サービス残業、休日出勤なんて当たり前だと思っている経営者も多く、

 

それなのに、平均年収は全国で最下位ですから、

なんともやるせない気持ちでいっぱいです。

 

Okinawa(178)

 

SPONSORED LINK

訴えを起こす人も少ないと思います!

 

では、そんな労働法違反をしている企業を、

従業員が訴える件数がどれぐらいあったのかと言いますと、

2015年のうちに処理されたのは、たったの406件だけ。

 

実際には訴えを起こしたくても起こせないという人が、

大半を占めるとは思いますが、それでもこの件数は少ないと思います。

 

ちょっと古いデータですが、2012年の時点で沖縄には、

法人や個人事業主を合わせると、5万もの企業が登録されています。

 

それなのに、訴えを起こした件数が406件ですから、

訴えを起こす人の方が、超レアなケースだということになります。

 

もしかしたら、訴えを起こすことに時間を使うよりも、

次の職場を探すほうが良いと思う人が多いのかも知れません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK