SPONSORED LINK

 

沖縄ではエスカレーターは右側?左側?

 

東京でエスカレーターに乗るときは、左側に立って、急ぐ人のために右側をあける!

(こんなこと誰にも教えてもらわなかったなぁ。)

 

初めてその土地に来たときって、こういう何気ないことをものすごく敏感に感じ取れると思います。

住んでいる人からすれば、何も気にしないし、当たり前だと思っていること、だったりもするんですよね。

 

沖縄にも独特の文化や習慣があって何だか沖縄はちょっと違うよね?」そう思っている人も多いと思います。

文化や習慣と言われると、ついむずかしく考えてしまいますが、今日はたとえ話を入れながら書いていきます。

 

まず、先ほどのエスカレーターの話で「左側に立つことは常識だよ!」そう思った人は要注意かも知れません。

 

Okinawa(569)

 

沖縄に移住するなら、もっと柔軟に何でも見て欲しいからです。

 

関西と沖縄のエスカレーター

 

知ってる方も多いとは思いますが、関西ではエスカレーターの右側に立って、急ぐ人のために左側をあけるのです。

それに、国際的にも右側に立つ国が多いそうです。

じゃあ、沖縄ではどちら側に立つのか?

 

正解は、好きな場所に立ちます。

(答えになっていない)

 

解説しますと、そもそも急ぐ人のために、片側をあけて立つことがないのです。(笑)

さすが沖縄は、のんびりな県民性!

そう受け入れてくれれば良いのですが、中にはイライラする方もいると思います。

 

沖縄の文化や習慣がエスカレーターで分かる

 

エスカレーターの話のように、こういう小さな習慣というのは、はじめのうちは、とりあえず受け入れることができますし、たいして気になることはありません。

 

でも、今まで過ごしてきた土地とは、ちがう文化や習慣になじむというのは、意外とストレスをかかえるものなのです。

だからつい、関東では左側に立つのが普通で、関西では右側に立つのが普通!などと言いたったりします。

(酒の席でのネタならいいけど)

 

こういうことが一度でも気になってくると、あれこれと沖縄の文化や習慣に口を出すようになってきます。

 

 

沖縄に移住しても文化や習慣がイヤになる

 

何か文化や習慣の違いを見つけるたびに、それに対して意見をしてしまう。

沖縄人はみんなこうだ!なんて発言までしてしまうと、最悪の場合は沖縄の文化や習慣が何もかも悪く見えたりします。

(これが一番悲しい)

 

なんとなくではありますが、沖縄人に何かを教えたい気持ちも分からなくはないのですが、文化や習慣というのは、ゆっくりではあるけど、じょじょに変化もします。

沖縄には、まだ浅いことも多々あると思いますが、そこは暖かい目で、見守って頂きたいとわたしは思います。

 

SPONSORED LINK

エスカレーターの本当の使い方は沖縄が正解!?

 

最後に余談ですが、エスカレーターは安全上の理由から、歩くことは推奨していないようです。

また、歩く人が接触事故を起こす事例もあって、歩行禁止にしようとする動きもあるそうですよ。

 

もしかしたら将来は、歩かないことが習慣になるかも知れませんね。

 

ということは、すでに歩く人のために、片側を開けていない沖縄は、全国でも先に、その習慣ができているということなのか!?

 

沖縄の文化や習慣て独特だよね?3分で簡単に解説します!

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK