SPONSORED LINK

 

沖縄県の大卒者の初任給はいくら?

 

沖縄県の大卒者の初任給は、16万6200円。

 

平成26年では、男女ともに全国で最下位となりました。

(まあ毎年だけどね)

 

毎年、この数値が発表されるたびに凹みますね。

 

過度な期待はしませんが、日々のモチベーションを保つためにお金と言うのはとても大切です。

 

以下の数値を見ると、移住したい気持ちもなんだか遠のいてしまいます。

 

平成26年 大卒者の初任給

全国平均(男女)= 20万400円

全国平均(男性)= 20万2000円

全国平均(女性)= 19万7200円

 

全国1位は男女とも東京都

東京都(男女)= 21万2100円

東京都(男性)= 21万4100円

東京都(女性)= 20万9800円

 

SPONSORED LINK

全国最下位は、男女とも沖縄県

沖縄県(男女)= 16万6200円

沖縄県(男性)= 16万6500円

沖縄県(女性)= 16万5900円

 

*厚生労働省HPより

 

<おしらせ>

今の給料って満足してます? 自分が知らないだけで本当はもっと稼げていたら、年間いくら損していたのやら。調べるのはタダですから。↓

 

初任給から沖縄の移住について考える

 

改めて初任給が、16万6200円。どんだけ低いんだ!沖縄県!(泣)

 

全国平均から見ても、約3万5千円も低く、さらに、高卒者で、初任給がもっとも高い、神奈川県(男女)の高卒者の初任給は、17万4100円です。

 

なんということでしょう!!

 

沖縄県で働く大卒者よりも、神奈川県で働く高卒者が稼げるなんて、しかも初任給なのに、かなりショックですね。

とは言っても、初任給だけで、人生が決まる訳ではありませんし、

 

地域によって物価も違いますので、給料が安くても、沖縄が好きと言う人は多いはずです。(お金はもっと欲しいけど)

 

でも、この問題は今に始まったことではなく、昔からずーっと言われ続けています。

 

我慢している人もいれば、もうすでに、あきらめている人もいます。

 

「できれば、上がって欲しい。」ややあきらめ気味の言葉かもしれませんが、こうでも言っていないと、沖縄では暮らせません。

 

どんなときでも、楽しく前向きに、暮らしている沖縄人。

 

数字だけ見ると、とても考えられないかも知れませんが、住んでみると案外、それはそれで、どうにかなることもあります。

 

ただ、どうにかなると言うのは、自分で解決したのではなく、周りの人からの援助であったり、家族の支えなどがあって、何とかなるケースかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK