SPONSORED LINK

歩かない沖縄人の実態とは?

 

沖縄人の中には、歩くことに対して、

もの凄いストレスを抱く人がいます。

 

(全ての沖縄人ではありませんよ。笑)

 

沖縄には電車がなく、モノレールはありますが、

それは那覇市の、ごく一部に限ってのことなので、

 

近くても遠くても、全て車で移動している人は、

かなりの割合になると思います。

 

ちなみに、歩いて5分のスーパーでも、

車で行くことはごく普通です。(笑)

 

Okinawa(326)

 

沖縄では、

1世帯に2台以上の車を、所有していることも多く、

 

5人家族の場合でも、みんなが成人であれば、

1人1台ずつ所有していることも、決して珍しくはありません。

 

それに、スーパーやレストラン、その他の商業施設にも、

必ずと言って良いほど駐車場がありますので、

 

家から目的地まで、ほぼ歩くことはなくドアツードアでいけます。

 

東京などで見かける自転車での移動も、

沖縄では、ほとんど見ることはないですし、

 

自転車なんて乗っている人は、

ほとんど趣味で楽しんでいる人です。

 

沖縄の人が歩かない原因その1

 

・「暑くて沖縄人は歩かないのか?」

 

暑くて歩く気持ちになれない!

 

4月末から11月上旬までの沖縄は、

ほとんど夏と言っても良いほどの気温です。

 

それに加えて、

あの照りつけるような日差しでは、

どこかに歩いて行く気分を損ねます。

 

事実、沖縄では日没後に、

行動する人が多く、電車もないので、

 

終電も気にすることなく、朝まで飲み明かして、

タクシーで帰宅する人も多いです。

 

よほど健康を意識しておかないと、

毎日、どこかに歩いて行こうとは、

次第に思わなくなってしまいます。

 

SPONSORED LINK

沖縄の人が歩かない原因その2

 

「そもそも子供のうちから歩かない」

 

次に、歩かない理由として考えられるのは、

そもそも小さい頃から、車で移動することに慣れてしまっている。

 

Okinawa(328)

 

2014年の全国の調査で、

1週間に全く運動をしない子供の割合のうち、

 

小学生男女と、中学生男子で、

沖縄県が最下位という結果になったそうです。

 

しかも、小学生の肥満率も全国平均を上回っています。

 

地域にもよりますが、沖縄では小学生のときから、

車で送迎をしている家庭も多いのです。

 

もちろん、各家庭で条件が違うのは分かりますが、

ただ、小学校というのは数も多くて、

ほとんどが、徒歩でいける範囲なんです。

 

それなのに、小さい頃から近くであっても、

歩いて行くことをしなかったら、そりゃ大人になっても、

歩くのは面倒になるのだと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK