SPONSORED LINK

お土産を那覇空港だけで買っていませんか?

 

東京に住んで15年以上の月日が経つと、那覇空港なんて何十回と行ったり来たりで、那覇空港のどこに何が売っているかもだいたいは把握しております。

 

ヒロヒロヒロヒロ

どうも!沖縄人のヒロヒロです。

 

ふと考えて見ると、沖縄人が買うお土産と観光客が買うお土産では、選ぶ商品が全然違うなと感じております。

 

今日は、オススメのお土産ではなく、那覇空港では買わないお土産を紹介します。

 

注意!「あくまでも個人の意見ですので、沖縄人がみんなそうとは限りません。」

 

那覇空港では買わないお土産、その1
「泡盛やオリオンビール」

 

大きな理由は値段が高いです。 もしも自宅で自分が飲むのでしたら、沖縄のスーパーで買ったほうが絶対お得です。

 

那覇空港に置いてある泡盛と言うのは、贈答品としては珍しい泡盛などがあって良いのですが、それよりも沖縄で、一般的に飲まれている泡盛を選びたいのであれば、コンビニで探すと良いですよ!

 

コンビニというのは、スペースの関係上、売れ筋の商品しか置きませんので、迷ったときはコンビニが一番です。

 

 

那覇空港では買わないお土産、その2
「缶詰やレトルト商品」

 

アメリカの影響で沖縄人は缶詰を買うことも多く、ポークランチョンミート(スパム)が人気ですが、最近では、コンビーフハッシュなどがテレビで紹介され、

お土産に沖縄の缶詰やレトルト商品を購入していく観光客も増えています。

 

ですが、これも那覇空港で買うと値段が高いので、沖縄のスーパーで買ったほうがお得です。

 

例えば、

ポークランチョンミート(スパム)は、那覇空港では安くても400円前後はしますが、沖縄県内のスーパーなら200円前後で購入できることが多いです。

 

沖縄人も普段から食べる商品というのは、スーパーで買ったほうがお得だということを覚えておいたほうが良いですよ。

 

沖縄では、スパムよりもコチラが定番です。

 

SPONSORED LINK

那覇空港では買わないお土産、その3
「Tシャツや琉球グラスなどの民芸品」

 

大きな理由としては、商品のバリエーションが那覇空港では少ないからです。

 

値段もやや高い傾向もありますが、バリエーションが少ない中から選ぶよりも、国際通りなどを歩いて、いろいろな店を観て回ったほうが、良い商品と出会える可能性が高いと思います。

 

お菓子や食べ物と違って、ずっと大事に使いたい物ですので、買ってからやっぱりあれが良かったなど、後悔したくはないですからね。

 

那覇空港では買わないお土産のまとめ

 

ざっとでしたが、こういったお土産にも空港限定の商品などは購入する価値もありますが、特に普段から沖縄人がよく食べたり飲んだりする物に関しては、スーパーで探すほうが良いです。

 

また、空港でどうせ売っているだろうと、観光しているときに買っておかないと、空港には売っていなかったなど後悔するときもありますので、できるだけ空港では、買い忘れた物を探すぐらいの気持ちでいた方が良いです。

 

そうしないと最終日に慌てて、国際通りに戻るなんて、ほとんどできないことが多いので、後悔のない沖縄旅行を楽しんでください。^^

 

もしよかったら、こちらの記事もオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK