SPONSORED LINK

伊江島でリゾートバイトする魅力とは?

 

伊江島は沖縄本島からフェリーで30分で行けてしまう、とても魅力ある島のひとつです。

 

その距離は、沖縄美ら海水族館の海岸から見えるほど近いので、往復しているフェリーの港も水族館から車で15分ぐらいの距離にあるのでイメージしやすいと思います。

 

昔は沖縄の中学生が修学旅行で行く離島として伊江島が定番だったんですが、最近では、修学旅行も多様化していますので、伊江島に限らずいろいろな離島などにも行くことが多いようです。

 

伊江島のリゾートバイトは、全体的に見ると、募集は少ないほうなので、もしも見つけたら早めに申し込むのが良いと思います。

 

時給は700円前後が多くて、仕事内容によっては経験者は時給アップの可能性もあります。

 

伊江島は、なんと言っても本島から非常に近いというのが魅力ですね。

 

もしもリゾートバイトが休みであれば、日帰りでも気軽に行き来できるので、気分転換に伊江島と本島を往復するのも良いと思います。

 

<お知らせ>

知ってました? 1つの職場に対してどこのサイトからの紹介かによって時給って変わるんですよ!

詳しい内容をこちらの記事にまとめてあります。

伊江島と言えば「タッチュー」

 

沖縄の方言で、突き出ている物などのことを「タッチュー」と呼ぶのですが、伊江島には、ちょっとだけ突き出ている山があって、その山のことを「伊江島タッチュー」って言います。

 

本当は、「城山(ぐすくやま)」と言うらしいのですが、伊江島に住んでいる人以外は、あまり正式名称は知らない人が多いと思います。

 

それぐらい、「伊江島タッチュー」っていう名前が本島では浸透しているはずです。

 

山の高さが172mしかないので、すぐに登れるように階段が設置されていて、観光で来た人は、気軽に登って島全体を見て写真を撮ったりする人も多いです。

 

この城山はいろいろと神秘的な山で、島の人は非常に大事にされています。

 

城山の1番高い場所から祈りを捧げるために登る人もいるそうです。

 

Okinawa(782)

 

伊江島のビーチはどこも最高です!

リゾートバイトの魅力はやっぱり海です。

 

仕事が休みのときは気軽に海水浴ができますが、仕事が終わってからでもビーチを散歩するのも全然ありだと思いますよ!

 

伊江島は、どちらかと言うと島の南側にビーチが集中しているので、いろいろなビーチに行ってみるもの楽しいと思います。

 

最近では海で乗馬をすることも出来るそうで、(伊江島ビーチサイドホースパーク)昔とは違った魅力がありますね。

 

SPONSORED LINK

伊江島は名産品も豊富です!

 

伊江島と言えば、ピーナッツに島らっきょです。

 

ピーナッツと言われると、千葉県が出てくる人がいるかも知れませんが、沖縄では伊江島です。(笑)

 

沖縄には、ピーナッツで作る「ジーマーミー豆腐」と言うのがありまして、

 

伊江島産のピーナッツのジーマミー豆腐は、とても濃厚で普通の豆腐よりも弾力があって、甘みのあるタレで食べるのが最高に旨いです。

 

あとは、沖縄料理屋の定番「島らっきょう」も伊江島では良い物が収穫されます。

他には、伊江島産のサトウキビで作ったラム酒の「イエラム」も有名ですし、

伊江島のご当地ソーダとして「イエソーダ」と言うのもお土産として那覇空港で売られているほど、人気が高いです。

このイエソーダは、お笑い芸人のガレッジセールが、テレビの取材で、飲むと何でも、“本音”が言えるソーダとして紹介して、一時は売り切れるほどだったみたいです。

 

<補足>

リゾートバイトの求人サイトって、いつも同じ仕事しか載ってないですか? 実はあれ、裏で会員登録している人に優先して仕事が案内されているんですよ!

詳しい内容をこちらの記事にまとめてあります。

 

他のリゾートバイト記事はこちら↓

沖縄のリゾートバイトの記事一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK