SPONSORED LINK

 

先日、沖縄の夜仕事について記事を書きましたが↓

 

何となくナイト系と言いますかお水系について、

もっと知りたがっている人が多い気がしたので、(笑)

 

もっとディープな夜仕事について、

私の持ってる限りの知識を今日は書いてみようかと思います。

 

あくまでも私は、沖縄と東京しか知らないので、

他の地域では、全く違うかも知れませんが細かい話は抜きにして。

 

 

1、沖縄の夜仕事について!
「沖縄人のお客さんの特徴」

 

どんな夜仕事に就くかは後で考えるとして、

まずは沖縄人のお客さんって、どんな人が多いのか?

 

どんな特徴を持っているのかを知った上で、

夜仕事を検討してみるのが良いと思います。

 

1-1「お金は無いけど夜遊びは大好き」

 

平均年収が全国最下位の沖縄だけに、

お金をあまり持っていない人が多いです。

 

だけど夜遊びは大好きな人がほんとに多いし、

そこまで派手に遊ぶわけじゃないけど、

 

平気で借金してまで遊ぶ人もいるぐらいで、

それで離婚に発展するケースもかなり多いです。

 

1-2「店に来るのがとにかく遅い」

 

これはもう沖縄あるあるですね。(笑)

“沖縄タイム”って言葉は、仕事上はゆるされないので、

 

今の時代は、ごく普通に時間を守る人は多いのですが、

飲み会や遊びでは、まだまだ沖縄タイムが当たり前なので、

 

お店で働いている女の子が、常連さんを誘ったとして、

「後で行くさーねぇー」とか言って約束したとしても、

 

平気で深夜3時にお店に遊びに来たりする。

 

1-3「平気でバックレたりドタキャンする」

 

沖縄に限らず、夜仕事あるあるかも知れませんが、

沖縄人のお客さんは、バックレ、ドタキャンが多いです。

 

「行けたら行くさぁ」とか「もうちょっと待っててね」とか、

絶対にこういった言葉は信じないほうが良いですね。

 

変に期待するとガッカリ度がハンパ無いですから。

 

これは、東京と沖縄を比べた結果なので、

東京でも夜仕事ってこういうことはあるんですが、

 

それでも、沖縄人のいい加減さは目立つ気がします。

だけど、なんか憎めない人も多いんですけどね。

 

1-4「人見知りで1人で店には来ない」

 

夜遊びが好きな割りに、人見知りという沖縄人もいて、

なぜか夜遊びだけは、大勢じゃないと行きにくい人とか、

 

学生の連れションじゃないけど、それに似た感じで、

店では指名する子が決まっているほどの常連なのに、

 

なぜか、1人だけで来ることは無くて、

店に全く興味の無い、付き人みたいな人と2人で来たりします。

 

しかも、その付き人が帰ろうとか言い出すと、

渋々その人も帰ったりすることもあるのでア然としますよ。

 

1-5「とにかくフレンドリー過ぎてドン引き」

 

フレンドリーと言っても、シラフだと無口です。(笑)

 

とにかく酔いが回れば回るほど、上機嫌になって、

初対面でも平気で、自分のプライベートな事をベラベラと、

包み隠さずに平気で話してきたり、

 

奥さんや子供のことを相談してくる人も結構いたりして、

「相談相手を間違ってるだろ!」って突っ込み満載。

 

しかも、昼間とかに店外で、たまたま鉢合わせすると、

普通は避ける人が多いと思うんですけど、

 

沖縄人のお客さんって、平気で話かけてくるし、

女の子が誰と一緒でも、気を使ってくれない人もいるみたいです。

 

1-6「意外と金持ちでビビる!」

 

さきほどは、お金を持っていないと書きましたが、

沖縄人の中にもお金持ちはいます。

 

東京だと見た目で判断しやすい人が多いけど、

沖縄では、見た目だけの判断はしない方が良いです。

 

見た目が派手なお金持ちもいますけど、

だいたい品が無いので、まだまだ二流だと思ってください。

 

毎月数千万以上を動かしている様な、

マジな大金持ちは見た目では分かりにくく、

 

滅多にそういう人は顔をだしませんけど、

夜仕事をしていれば、めぐり合える可能性は高いです。

 

1-7「毛深くてドン引き」

 

毛深いのが苦手な人は、まず沖縄で働くのは無理でしょう!

 

沖縄では、“キーマー”という方言があって、

ちょっとフサフサの体毛とかではなく、

 

芸人のワッキーぐらいでは、まだ薄いほうで、

“キーマー”は、それ以上の体毛の濃さを表します。

 

スナックやキャバなら、そこまで気にしないとは思いますが、

“風〇”で働くことを考えている人は要注意です。

 

2、沖縄の夜仕事について!
「沖縄人の女の子の特徴」

 

女の子の特徴は、彫が深くて二重まぶたで目力があって、

つけまが要らないほどまつ毛が濃いし、まゆ毛も濃い。

 

そんな沖縄美人が多いけど、目力が強すぎる人は、

何も喋らずに黙っていると、怒っている様に見られたりします。

 

沖縄では、夜仕事をしている女の子でも、

どこか純粋だというイメージを持たれることも多いけど、

 

実際は人によって、家庭事情が複雑すぎて、

シャレにならないほど、闇の過去を持っている子も多いです。

 

 

2-1「見た目はしっかり者だけどおバカさん」

 

いきなり失礼なこと言ってしまいますが、

沖縄美人で、目鼻立ちもくっきりしてるからなのか、

 

見た目は本当にしっかり者に見えるんですけど、

フタを開けてみると、おバカさんっていう子が多いです。

 

何ていうか、知識とかの問題でもなく、

ただ世間を知らないって言うか、無知と言った感じ!?

天然とも違うおバカさんなんですよね。

 

2-2「ヤンキー臭がする子が多い」

 

夜仕事あるあるですけど、やっぱり田舎だし、

元ヤンを漂わせる人が沖縄では多い気がします。

 

まさか今も現役か?っていうほど、

オーラを持っている子も中にはいます。(笑)

 

でも、見た目だけで、全くそんなことは無い子もいて、

ここでも沖縄美人が、変な風に影響して、

 

全然ヤンキーじゃないのに、どこかヤンキーっぽく見えて、

誤解を与えてしまっている子も中にはいます。

 

2-3「天然なのかおバカさんか分かりにくい」

 

さきほど、おバカさんが多いと書きましたが、

それに加えて多いのが、天然の子です。

 

天然とは言っても計算してて、

男からは分かりにくいんですけど、

 

沖縄の天然って、イメージで言うと、

Kiroroのキーボード担当の金城さんみたいな。(笑)

 

あの人は誰がどう判断しても、ザ・天然ですから、

そんな感じの子でも、沖縄では夜仕事をしてますよ。

 

2-4「長女は仕事できる人が多いかも」

 

沖縄では兄弟も多く、親戚も多いのが特徴で、

その中で母親と、テキパキと家事をこなす長女は多いです。

 

だからなのか、夜仕事でもきっちりしてて、

お客さんにも女の子からも、好かれる人が多い気がします。

 

店によりますけど、普通はテーブルの上を片付けるのは、

ボーイさん仕事なんですけど、女の子によっては、

 

ボーイさんが忙しいと判断すれば、自分で片付ける子もいて、

東京じゃあ見ないけど、沖縄では何度も見ています。

 

2-5「酒が強すぎて誰も勝てないだろ」

 

昔は夜仕事と言えば、飲むのが当たり前って感じでしたが、

今ではそうでもなく、全く飲まない子も目立ちますね。

 

でもいるんですよ、ザルと呼ばれる人が沖縄にも!

 

もうそんな子は、飲んで稼ぎますから、

うっちん割り(ウコン)で、ガンガン飲んでますけど、

 

飲めない子がマネをすると危険ですので、

そういう子と張り合うのは止めて、ほどほどに留めておきましょう。

 

2-6「お客さんとの距離が近すぎる」

 

夜仕事を割り切っている人も多いとは思いますが、

沖縄では、なんとなくお客さんとの距離が近いです。

 

お店だけの付き合いではなく、いろいろと幅広く、

店外でも営業みたいなことをして頑張って、

 

それが後々になって、お店に来てくれて、

売上に繋がっているケースも、中にはあるんでしょうけど、

 

それでもお客さん誘われれば簡単に、

ひょいひょい出かけてしまう子が多い気がして、

 

本人がそれで良ければ、何も言いませんけど、

そういう子に限って、悪い男に引っかかっている気がします。

 

2-7「色白な人がけっこう多い」

 

「沖縄=小麦色の肌」っていうイメージを、

持っている人もいると思いますが、色白の人は多いです。

 

特に夜仕事をしている人って色白の人が多いかも。

 

昼間は寝てて陽を浴びてないから?(笑)

そんな単純なことではないと思いますが、

 

普段から紫外線対策は、とても入念にやっている子が多く、

どんなに曇っていても、しっかり日焼け止め塗ってますよ。

 

3、沖縄の夜仕事について!
「ホストや男性従業員の特徴」

 

3-1「サービス精神に欠けている人が多い」

 

夜仕事ですから、普通のサラリーマンとは違い、

いろいろなことに気を配ったりして、サービス精神も大事です。

 

だけど、いい加減な対応や適当すぎる人が多いので、

お客さんが迷惑するだけでなく、一緒に働く女の子からも、

従業員は、本当に当てにならないという声が多いです。

 

3-2「沖縄人の経営者よりも県外の人」

 

先ほどは、サービス精神に欠けていると書きましたが、

全ての店がそうではなく、まだ多くは無いんですけど、

 

いつの頃からか、沖縄でも非常にきれいな店ができ、

従業員もしっかりしている人が増えています。

 

どうやら九州から進出してきたり、中には大阪や東京から、

沖縄に来た従業員もいて、妙に納得したことがありました。

 

当然そういった雰囲気というのは、

お客さんだけが感じ取れるだけでなく、

 

女の子からも沖縄人が経営する店ではなく、

県外から進出してきた店の方がウケが良いです。

 

SPONSORED LINK

3-3「イケメンだけど内面がだらしない」

 

夜仕事あるあるですけど、チヤホヤされるし、

高確率で内面がダラしない人が多いです。

 

女性関係、金銭の貸し借り、親や親戚とのトラブル、

やっぱり夜仕事では、こういうケースはよく聞きます。

 

あくまでも個人の問題ですけど、仕事してても、

遅刻とか欠勤も多いので、一緒に働くと大変なんです。

 

4、沖縄の夜仕事について!
「働いてみようか検討している人へ」

 

夜仕事について、色々と書いてきましたが、

最後に、実際に夜仕事を検討している人へ。

 

月給の安い仕事が多い沖縄では、

夜仕事は非常に魅力的に見える一方で、

 

夜仕事というのは、いわば裏の仕事でもあります。

 

普段はお目にかかれない様なお金を見たり、

手に入れたりすることもあるでしょうし、

 

プライドを持って、しっかり働いている人もいますが、

だいたいは、金銭感覚がマヒしてしまいがちになります。

 

ごく普通のOLさんでは、月収が15万円ぐらいですが、

夜の仕事になった途端に、2倍から3倍は稼げます。

 

だけど、それがいつまでも続くワケではありません。

 

いつかは普通の仕事に戻る人が多いので、

稼げるときにしっかり稼いで、溜め込んでおくか、

 

何か自分の為になることに、

有効に使っておかないと、なんにも残らないです。

 

夜仕事を始めると、金銭感覚のマヒだけでなく、

恋人や友人関係が変化する人も多いので、

 

その辺も自分をしっかり持っていないと、

人を信じられなくなってしまう人もいます。

 

お金を持っていると、騙そうとする人も寄ってくるし、

金の切れ目が縁の切れ目になる人も多いです。

 

夜仕事はしない方が良いとは言いません。

 

ただ、自分には向いていないと思ったときは、

すぐにでも、辞めることをオススメします。

 

ヒロヒロヒロヒロ

ではでは、この辺で失礼します。^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK