SPONSORED LINK

 

沖縄に移住するのに住む場所が決まらない?

 

沖縄に移住したいんですけど、

「どこに住めば良いですか?オススメはありますか?」

 

(知らんがな)

 

非常に難しい質問ですねぇ~。

ずばり、ご自分で決めてください!(←コラ!)

 

そりゃ、最終的には自分で決めると思いますが、、、

 

沖縄って、そうかんたんに行ったり来たりはできないので、

なんとなく不安になったりして、つい沖縄人に質問したり、

 

サイトの質問コーナーに投稿したりと、

なんとか良い答えを見つけたい気持ちも分かります。

 

できることなら下調べをした上で、

「那覇市の〇〇に住もうと思っていますが、渋滞や騒音はありますか?」

 

なとど、ある程度は具体的な質問まで持っていってから、

人に聞くことは全然問題はないと思いますので、

 

漠然とした質問だと、返って移住を甘く考えていると思われて、

そこまで親身に話を聞いてもらえないと思った方が良いでしょう。

 

ただ、そこまで深く考えても、しょうがないという気もしますが、

それでも、迷っている人に参考なればと思い書いていきます。

 

職場や学校の近くから住む場所を探す

 

沖縄での就職先や学校が、決まっているのであれば、

できるだけ、その周辺の地域に絞って探します。

 

たとえば、

ヒロヒロが18歳のとき、東京で部屋を探したときは、

進学が決まっていましたので、学校を基準として探しました。

 

まず、近すぎると生徒のたまり場になるし、遠すぎても、

雨が降ると、学校を休みがちになったりするので、

 

学校に近い駅から順番に、

出来るだけ安い物件を探しました。

 

結果的には、学校から2駅となりの徒歩6分で、

1kの家賃6万2000円(管理費込)に決めました。

 

(駅名は、ナ・イ・ショ)←キモイ

 

沖縄でも、

家から職場が遠いと、慣れない通勤に、

最初はストレスになるかも知れません。

 

本島では、朝の時間帯は、意外と渋滞もしますので、

移住するとビックリする人もいます。

 

最初から引っ越す前提で最安値を探す

 

もしも仕事など、なにも決まっていないのであれば、

求人がもっとも多い、那覇市を中心に最安値の物件を、

探すと言うのもありだと思います。

 

 

Okinawa(093)

 

このときには、かなりの妥協をしてでも、

最安値にこだわったほうが、ヒロヒロは良いと思っています。

 

といいますのも、結局、どこに住んでみても、

数年もすれば、引っ越したくなるものです。

 

たった1回の引越しで、理想の物件に出会えるということは、

長い人生の中でも、そうめったにある事ではないと思います。

 

なので、最初から理想を高くしていると、

結局は、家賃も高くなる傾向がありますので、

 

理想はとりあえず置いといて、

沖縄での生活や仕事になれて、

 

土地勘も分かるようになってくれば、

次は理想の家を求めても、遅くはないと思います。

 

だから、最安値にしておいた方が、引越しの費用も、

貯めやすくなるという考えです。

 

Okinawa(094)

 

SPONSORED LINK

まとめ

 

 人は損をしたくないとか、

なにか欠陥が見つかることを恐れます。

 

でも、

完璧なモノなんて、この世には無い!

 

そう思えば、あのときの不安は、

いったいなんだったんだろうか?

 

なんて、数年もすれば笑い話になります。

 

もちろん、あまりにも荒れた物件に住むことを、

すすめている訳ではありませんので、最終的には、

ご自分の判断で、決めてくださいねぇ~!

 

おすすめの記事はこちら↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK