SPONSORED LINK

高級ホテルハイアットが那覇市に開業

 

沖縄県那覇市に、高級ホテル「ハイアット」が、

2015年7月から、まずは宿泊部門を中心に開業予定。

 

2015年9月から、フルオープンの予定。

 

18階建てで、客室はツインルーム280室、

スイートルーム14室の、計294室だそうです。

 

Okinawa(494)

 

なんと!那覇市内なのに、規模がデカイことに驚きです。

 

場所は、国際通りにあった、元沖縄三越の近くに、

桜坂劇場っていう、これまた有名な場所のすぐ隣です。

 

ハイアット!?

はいはい、例のアレね。

↑知らねぇだろ!笑

 

↓コレでしょ?←ドヤ顔

Okinawa(130)

↑これは、「ハイライト」!怒

 

↓これかな!?

Okinawa(131)

↑これは、「ハイトーン」!怒

 

これ以上、ふざけると訴えられそう。

関係者の皆様ごめんなさい。

 

さて、話を元に戻しますが、

今回、那覇にできるハイアットホテルは、

 

「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」と命名され、

不動産開発事業の「ケン・コーポレーション」という会社が、

契約を結び開業することになっています。

 

この会社は東京に本社があり、他にもヒルトンやシェラトンなど、

複数のホテルグループとの契約をしていて、国内や海外での、

ホテル運営の実績も、たしかなものだと思います。

 

ステーキの「ケン」じゃなくて良かった

Okinawa(132)

 

高級リゾートホテルに対する沖縄人の意識

 

沖縄にいくら高級ホテルが出来ても、そこに沖縄人が、

宿泊することは、そうめったにありません。

 

なので、観光客にホテルの場所を聞かれても、

案外、知らないことも多々あります。

 

とくに小さなビジネスホテルなどは。

 

よく沖縄では、

リゾート開発のことになると、議論されるのですが、

 

「リゾート開発 = 環境破壊」という意識を持っている人も、

決して少なくはありません。

 

むしろ、新しい場所でのリゾート開発となると、

必ず自然を壊していると思うのです。

 

今回の「ハイアット」に関しては、那覇ですので、

そこまで議論になることは、無いとは思いますが、

 

沖縄では、毎年あちらこちらで、リゾート開発が行われています。

 

静かで小さな村が、ひとつの開発だけでも、

雇用が生まれたりもしますので、

決して反対とはいえない部分もあります。

 

今後の沖縄の将来を考えると、自然維持とリゾート開発は、

非常に難しい問題かもしれません。

 

Okinawa(133)

 

SPONSORED LINK

ハイアットホテルに期待できること

 

個人的には、ハイアットホテルにとても期待しています。

 

と言いますのも、ケン・コーポレーションの社長さんが、

開業にあたって、沖縄で記者会見したときのコメントに、

 

従業員の賃金を相場よりも、

10~15%引き上げ、育成にも力を入れていく。

と言っています。

 

もしこれが実現すれば、沖縄全体でも最低賃金の見直しなど、

進んでいけばなぁと思いました。

 

そしてもうひとつは、ハイアットというブランドの名のもとに、

世界中から観光客を、呼び込める可能性も高いということです。

 

世界的にも、名の通ったホテルと提携していくことは、

今後の沖縄の観光産業にとっても、とても大事なことだと思います。

 

まだまだ外国人観光客は、伸びる余地があると思いますし、

業界全体の底上げにも、ハイアットホテルには期待できますね。

 

ついでに、沖縄人の語学力も上がれば、一石二鳥です。

 

HAISAI OKINAWA

↑英語じゃねぇし!笑

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK