SPONSORED LINK

沖縄人が沖縄に住み続ける理由とは?

 

沖縄に生まれたのだから、なんの迷いもなく、

沖縄に住み続ける人もいれば、

遠く離れた沖縄に、移住してくる人もいます。

 

そもそも沖縄に生まれて、そこでの生活が当たり前なら、

何の疑問も持たずに、沖縄に住み続けるのは、

 

ごくごく当たり前のような気もするのですが、

進学や就職で沖縄を離れた人の中には、

 

沖縄を外から見ると、あまりにも不便に感じてしまい、

沖縄には、もう二度と戻らないという人もいます。

 

実際に、ヒロヒロも東京で、

そう言う沖縄人に会ったことがありますが、

 

偏見とまではいかなくても、

少なからず沖縄には戻らないと言う沖縄人は、

 

低収入、低学歴、離婚率、親戚問題、

仏壇やお墓の問題、時間にルーズなどなど、

 

沖縄のこうした事に対しての批判をし、

沖縄から出たほうが幸せだと思うようです。

 

それはそれで、個人の自由ですので、

どうぞお好きに!って感じなんですが、

 

 

沖縄に移住したいと言っている人を、

コケにするような発言もしたりするので、

聞いていて腹が立ちます。

 

実際には、住んでみないと、

分からないこともあるのだろうけど、

 

移住してみたい!と言ってくれる人がいると、

私はとっても嬉しい気持ちになります。

 

もちろん、移住したとしても引き返す人もいれば、

沖縄への不満を募らせる人もいると思います。

 

ひと昔前に比べれば、

移住に関する情報もいろいろと増えていて、

 

年々、大きなギャップというのは、

少なくなっているとは思っているのですが、

 

それでも、理想の移住生活とは、

かけ離れてしまった人もいると思います。

 

さすがに観光気分で、沖縄に移住してくる人は、

あまりいないとは思うのですが、

 

それでも、楽園気分を味わえるかも知れないと、

心のどこかで期待している人の気持ちも分かります。

 

沖縄って、雰囲気そのものが、

いろいろな価値観を変えてしまうこともあって、

 

時間とか人当たりとか、息苦しさを全く感じないし、

開放感に溢れているんですよね。

 

それが無意識のうちに身に付いてしまうと、

沖縄以外の場所で暮らすことなんて、

 

もう考えなくなってしまって、

それで沖縄に住み続ける人が多いと思うのです。

 

Okinawa(765)

 

SPONSORED LINK

移住者の中には不満を言う人もいるけど!?

 

沖縄に移住してみて、

とても大きな不満が出てきてしまった移住者なら、

 

とっくの昔に、

地元に引き返しているはずなんですよ。

 

今でも、沖縄に住んでいるということは、

多少の不満というか、不便な部分も感じつつも、

 

沖縄の好きな部分に惹かれているから、

住み続けていると思うのです。

 

(長年住むと好きとか嫌いではないかも)

 

これも私の経験からですが、

高校卒業後から、ずっと東京に住んでいると、

 

最初は同級生も、たくさん東京にいましたが、

半年で沖縄に帰ってしまった人や、

大学卒業後に沖縄で就職をする人、

 

他にも、東京で就職したけど、

上手く行かずに沖縄に帰ってしまった人もいて、

 

今や2人ぐらいしか、同級生は残っていません。

(最初は、30人か40人はいたはず)

 

夢や希望を抱いて東京に住んでも、

現実が見えてきてしまって、夢を諦めたり、

 

挫折してしまったりして、沖縄に引き返す人が、

とても多かった気がします。

 

私も挫折は何度も味わいましたが、

どういう訳か東京からは、離れようとは思いませんでした。

 

意地もあったのかも知れませんが、

最初から全てのことが理想通りに行くとは、

思ってもいなかったので、

 

たぶん他の人よりも、理想とのギャップが、

少なかったせいも多少はあると思います。

 

東京に残ったから偉いとか、自慢したいとか、

そういうことを言いたいのではなく、

 

自分の生まれではない土地であっても、

長年住んでいると、もう小さい不満がどうとか、

 

たとえ大きな不満があったとしても、

なんだかんだで、引っ越そうとは思わないなら、

その土地に馴染んでいるんですよ。

 

東京の不満を言おうと思えば、いくつも出てきますし、

沖縄の不満を言おうと思えば、いくらでも言えます。

 

(ココでは言いませんけど。笑)

 

それでも好きだからこそ、私は東京に住んでいますし、

移住者は沖縄に住み続けているのだと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK