SPONSORED LINK

 

沖縄の世間がせまい話(第2話)

 

沖縄は世間が狭いと本当によく言われます。

 

石を拾っても投げても知り合いに当たる!

(↑色々おかしいぞ。)

 

しかも驚くことに、知り合いに遭遇するのは、

沖縄に住んでいる人に、限ってのことではない!

 

東京に住んでいるにも関わらず、

沖縄というキーワードだけで、あれよあれよと、

また知り合いを呼ぶのが沖縄。

 

今日は、東京でヒロヒロが実際に体験した、

本当にあった沖縄の狭さを話します。

 

期待しないでねぇ。(テヘペロ)

 

あれはたしか、上京して6年がたったころ、

勤めていた会社を辞めて、派遣会社に登録をし、

 

職を転々としていたときに、

たまたま採用された会社でのことです。

 

その会社は、オフィスと言うよりも、

大きな倉庫といった感じで、ひとつのフロアには、

 

500名ほどの従業員がおり、正社員と派遣社員が、

入り乱れているような、とても大きな会社でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっぱり500人もいると、絶対にいるんですよ。

1人や2人ぐらいは沖縄人が!

 

私は入社直後から君はどこの生まれだ?

 

なんて上司に聞かれるほど、目立ったようで、

すぐに沖縄だとバレ、その会社には2人の沖縄人が、

いることを知らされました。

(聞いていないのに、、、笑)

 

沖縄人はドコにでもいてすぐに仲良しになる

 

そんな職場で半年ほどが、過ぎようとしていたころ、

同僚の沖縄人Y君が、楽しそうに電話でしゃべっています。

 

Y 「明日だからさぁ、空港にむかえに行けるねぇ?」

Y 「そうだね、3時ぐらいには来れるはず」

Y 「うん、じゃあ明日ねー」

 

Y君は、どうやら明日から、いとこのネェネェ(姉)の、

結婚式に参加するために、沖縄に帰るそうです。

(「行ける」と「来れる」の使い方が変)

 

Y君のほかにも、沖縄人がもう1人いたのですが、

2ヶ月ぐらいで、仕事をやめて沖縄に引き返しました。

 

もともとY君とは、歳が近かったこともあって、意気投合し、

偶然にも地元が一緒で、小、中、高は、すべて別でしたが、

 

なんと、私の二つ年下の弟とY君は、高校が一緒でした。

(まずこれだけでも凄い確立)

 

Y 「ヒロ、明日から沖縄だから、オレの仕事よろしくね!」

私 「えぇー!呼び捨てするなぁ!(笑)」

 

まだまだ世間知らずのY君でしたが、

弟と同級生ということもあって、

なにを言われても、にくめない性格でした。

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

その3日後、

たった2泊3日の帰省にもかかわらず、

Y君は真っ赤に日焼けし、職場の同僚に、

お土産を配っていました。

 

沖縄から帰国してからのY君は、テンションも高くて、

お昼休みに、ネェネェの写真見せるから、

一緒にご飯を食べようと、誘ってきました。

(いつもだいたい一緒に食べてるのに、、、笑)

 

Y 「ウリ、見て見て!ネェネェ美人なんだよ」

私 「おぉーマジでぇ?すげぇ美人だね」

↑東京人ぶってる時期でキモイ

 

当時はまだ、スマホなんて無く、ガラケーが普通でしたので、

やや画質は悪いですが、それでも沖縄美人であることは、

誰が見ても明らかでしたね。

(ミス沖縄の最終予選までいったみたいです。たしか)

 

2枚目、3枚目と見せているうちに、

旦那さんとのツーショット写真が、出てきたのですが、

 

私はそれを見てすぐに驚きました!

 

私 「ちょ、ちょっと!今の今のもう1回見せて!」

Y 「ん?これ?」

私 「旦那さんて、〇〇って苗字じゃない?」

Y 「あい、ネェネェの苗字までは見てないさぁ」

私 「そこ!重要だろ!(笑)」

私 「下の名前は、Sさんじゃなかった?」

Y 「覚えてないさぁ、なんか知ってるの?」

私 「なんで2、3日前のことも覚えていないの?(怒)」

 

なんと、このネェネェの旦那さんは、

私の高校の同級生のSさんでした!

 

でも、画質が悪くて、

もしかしたら似たような人かもしれません。

 

しかも、同級生とは言っても、もう卒業以来は、

会ってもいませんし、連絡も取ったりはしていません。

 

(ヒロヒロは高校時代、ポケベルしか持っていませんでした。泣)

 

Y 「じゃあ、ネェネェに今、電話してみる?」

私 「かけてみて!(ワクワク)」

すぐに電話しましたが出ません。

 

そこで、

ネェネェのお母さん(Yの叔母)に電話をすると、

 

すぐに出て、苗字と名前を確認、すると完全に一致!

 

間違いなく、私の同級生のSでした。

 

まさか、

東京で偶然にも登録した派遣先で、

たまたまいた沖縄人のY君が、

私の弟と同級生で、

 

しかも、

そのネェネェが私の同級生と結婚したなんて、

信じられるでしょうか?(笑)

 

ウソのような本当の話ですよ!

 

Okinawa(177)

 

次の日の朝、まだまだテンションの高いY君が、

着信を見た、ネェネェから夜に電話が来て、

旦那さんと私のことを話たそうですが、

 

たまたま、旦那さんは不在だったようで、

帰宅したら、旦那さんにも、私のことを聞いてみる!

となって電話を切ったらしいのです。

 

SPONSORED LINK

沖縄の狭さが招いた悲劇

 

またその日も、

いつも通りY君と、お昼ご飯を食べていると、

Y君に一通のメール。

 

Y 「あい、ネェネェからだ」

Y 「旦那さんに、ヒロのこと聞いたみたいだよ」

 

 

 

 

その結果、

 

「そんなヤツ、知らねぇ!」 

 

だってさ。

 

私 「・・・」

Y 「・・・」

2秒後、お互いに大爆笑!

 

そりゃね、私だってパッと見たときは、

Sのことは確信が持てないほど、

なんとなく覚えている程度でしたし、

 

でもね、高校三年間のうちに、

二回も同じクラスにもなったし、

学園祭のときだって、一緒のチームだったし、

 

卒業式のあとに、写真も1枚だけは撮ったし、

お互い卒業後は、県外でも頑張ろうって握手したし、

 

でもね、でもね、、、

(とりあえず涙拭けよ。笑)

 

Okinawa(176)

 

Y君にはその後も、

事あるごとに飲み会などで、

その話を多くの同僚に広め、

私は孤独な沖縄人として、

1年間の勤めを終えました。

 

完。

 

PS:

Y君はその数年後に、九州に転勤になり、

会ってはいませんが、たまにLINEでメッセージをくれます。

 

Sさんとは、もちろん会っていません。

 

この件以来、あまり親しくなかった同級生には、

慎重に相手の出方を、探っていくというクセがつきました。(汗)

 

『沖縄の世間がせまい話シリーズ』↓

第5話は準備中です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK