SPONSORED LINK

沖縄ではお正月にお雑煮を食べるのか?どうなのか?

 

ヒロヒロヒロヒロ

お雑煮ぐらい沖縄でも食べますよ!どうも管理人のヒロヒロです。

 

もぉー、またどこかのネット人が、沖縄人はお雑煮を食べないとか、言いふらしていますけど、沖縄ではお正月にお雑煮を食べます。

 

ただし、家庭によりますよ。(我が家は食べる派)

 

確かに、もともとは食べる習慣が、無かったかも知れませんけど、なに時代の話を引っ張ってきているのか?

 

ということになりますので、この際いろいろとざっくりお雑煮について調べました!

そもそも、雑煮(ぞうに)とは正月に多く食べられる、

餅を主とし具材をあしらった汁料理だそうです。

とりあえずお雑煮は、餅さえ入っていれば良いとのこと。

ヒロヒロヒロヒロ

適当な回答ですいません

しかも、地方によって、世にも珍しい雑煮もあります。(褒め言葉ですからねぇ)

 

文章で説明するよりも画像を見てください。

全国の珍しいお雑煮

 

ね?どうですか?

 

個人的には、島根県出雲市のお雑煮は、沖縄のぜんざいを思わせるのお雑煮で、妙な親近感が沸きますね。(笑)

 

小さな島国の日本と言えどもそれぞれの地域で収穫できるものと、そうでないものがありますので、お雑煮に入る具材も違って当然です。

 

沖縄で変わった具材があるのか?

 

ちょっと調べましたが、特にこれと言って特徴はなく、お餅、ニンジン、しいたけ、かまぼこ、こんな定番の具材が多いかと思います。

 

沖縄のお雑煮の歴史は、決して古くはないので、世間一般に伝わったころには、かんたんに定番の具材が手に入る時代で、あまり変わった具材を入れていないのかも知れません。

 

もしかしたら、今後はなにか変わった具材が出てくるかも。

 

沖縄のお雑煮は普通だけど別の汁物がありますよ!

 

沖縄では、お雑煮が定着するずっと昔から、お正月などには、「中身汁(中味汁)」や「イナムルチ」と呼んでいる汁物を食べていました。 

 

↓ 中身汁

↓ いなむどぅち

たまに、中身汁やイナムルチのことをお雑煮と呼んでいる沖縄人がいます。

 

まあ、その中にお餅を入れればお雑煮かも知れませんが、入れないのであれば、それはお雑煮とは言えないでのご注意を!

 

知らない方のために、中身汁、イナムルチについて解説します。

 

まず中身汁とは、

中身汁の「中身」とは豚の内臓を指す。

つまり中身汁はモツの汁物で、特に小腸や胃を具にした吸物である。

具になる内臓の風味はほとんど除かれており、

どちらかと言えば鰹節出汁のスープで煮込まれた、

モツの歯ごたえや食感を楽しむものである。

 

image1 (042)

↑こんなイメージです。

 

お正月に限らず、沖縄ではお祝いごとには中身汁を食べます。

 

中身汁は見た目と違って、以外にも手間が掛かるので、夕食の食卓にごく普通に出ることは、あまりありません。

 

好きな人は好きで、よく作るらしいのですが、臭みなどを取るために、何度もボイルしたりするので、味噌汁のように、かんたんに出来るものではないのです。

 

次にイナムルチとは、

イナムドゥチは、具沢山の味噌汁で、お祝い料理のひとつである。

語源は「猪もどき」で、イナムルチと表記されることもある。

その名の示すように豚肉を使用した汁物で、細い短冊切りにした豚の三枚肉、

こんにゃく、かまぼこ、しいたけ、油揚げなどを、

九州地方特有の甘い白味噌仕立てにしたもの。

 

image1 (043)

↑こんなイメージです。

 

本来の名前は、「イナムドゥチ」らしいのですが全く知りませんでした。

 

イナムルチと呼ぶほうが舌を噛まずに言えるので、ココではイナムルチで統一します。

 

イナムルチの特徴は、なんと言っても白味噌です。

 

ヒロヒロヒロヒロ

しかも結構な甘さ。

 

沖縄の一般家庭でも、なかなか白味噌は使いません。

 

私が知る限りでは、白味噌の沖縄料理はイナムルチぐらいです。

 

イナムルチに関しては、沖縄人の中でも好き嫌いがハッキリと分かれます。

 

白味噌の甘さが好きという人と、そうでない人がいるからです。

 

たとえば、卵焼きでも「砂糖派」と「塩派」に分かれますよね?

 

沖縄では、甘い卵焼きを嫌う人の方が多いです。

 

沖縄料理も全般的に砂糖を入れる物はそんなにないので、汁物で甘いのはどうも苦手という人もいるのです。

 

ちなみに、沖縄では甘酒も苦手な人が多いです。

 

SPONSORED LINK

中身汁とイナムルチをどちらも食べる便利な作り方

 

ここでもちょっと、知らなかったことがありました!

 

それは、イナムルチと中身汁のメインの具材が違うということです。

 

中身汁は、ブタの腸(モツ)がメインで、イナムルチは、ブタの三枚肉がメインだということです。

 

これは我が家だけかも知れませんが、中身汁を作ってその中に白味噌を溶かせば、イナムルチだと思っていました。

 

実は、お正月に祖父母の家に親戚が集まると、中身汁が好きな人と、イナムルチが好きな人がいて、夕食にはどちらを作るのかで、ちょっとしたバトルになるのです。

 

1364493602edwix
↑あくまでもイメージです。(笑)

 

そこで考え出されたのが、とりあえず中身汁を作ってそれを2つの鍋に分け、一方には白味噌を入れてイナムルチ風にして、残ったほうは、中身汁として食べるということをしていました。

 

そうすれば、どちらも好きなものを食べれたからです。

 

ということで、沖縄のお雑煮の話から、中身汁とイナムルチの話まで書いてきましたが、地方によってお雑煮の中身が違えば、その土地での文化も分かってくると思います。

 

固定概念をくつがえされることが多い沖縄では、中身汁やイナムルチなどを見れば、全国でも珍しい食べ物かもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK