「めざせ沖縄移住」は名称が変わりました。

【上京】資金を支援する企業や月6万以下の賃貸が探せるサイト紹介!最短1ヶ月で東京へ!

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

どうも! 管理人のヒロヒロです。

今回は、上京したい人を支援する企業や、月6万円以下の賃貸物件が探せちゃうサイトを紹介します。

*この記事はブックマークすることをおすすめします!

 

あなたは、上京したいけど資金が無いとか、安い賃貸の物件が見つけられないなど、何から準備していいのか困ってませんか?

 

私の時代はインターネットがあまり普及していなかったので、上京するために何か1つ調べるだけでも苦労をした経験があります。

 

それが今やスマホで簡単に情報が見つけられる時代になってはいますが、逆に情報が多すぎて何から準備をすればいいのか迷う人も多いです。

 

そこでこの記事では、上京する人のために支援をしてくれる企業や月6万円以下の賃貸物件が探せるサイトを紹介します。

 

もし、これらを知らずに上京してしまっていたら、資金が安く済むはずだったのに、高くついてしまうことになるかも知れません……

 

そうならない為にも、自分の目的に合ったサイトを1つでも見つけて、自分のタイミングで問い合わせてみると良いでしょう。

 

*目次をクリックすると便利です↓

上京の支援をしてもらう前に知っておくべきこと

 

上京を支援する会社の多くは無料で利用できます。

 

支援が無料で受けられることが逆に“裏”があるんじゃないかと不安になる人も多く、その理由から説明しましょう。

 

上京を支援する会社の多くは、「不動産関係の企業」か「転職エージェントの企業」が行っている場合が多く(両方やっている企業もある)、

 

不動産関係の場合は、入居者を募集している賃貸に人を紹介して契約が決まると報酬が発生したりしますし、

 

転職エージェントの場合も、求人を募集している企業に人を紹介して採用が決まると報酬が発生するので、

 

上京を支援する会社の多くが、こういった報酬があるから上京支援が無料で行えるという訳なんです(今や東京の人手不足は深刻)。

 

なので上京の支援をしてもらう為には、その企業を通して賃貸物件を探したり、転職活動をするというのが条件だったりします。

 

だからといって粗悪な賃貸物件を紹介されたり、ブラック企業みたいな求人を紹介されて、無理やり契約のハンコを押すように迫ったりする心配は無いです。

 

東京は住む場所も仕事も豊富にあるので、自分では探しきれない良い物件や良い求人を探してきてくれる場合が多いんですよ。

 

・上京するまでの流れ

1.メールやLINEでやり取りを開始する

2.担当者と面談の日程などを調整する

3.家探しや就職面接の為に一度上京する

4.結果を待つ間は地元で引越しの準備

5.採用が決まれば東京へ引越しをする

6.念願の東京生活をスタートさせる!

 

転職のみをサポートしてもらう場合」や「住居のみをサポートしてもらう場合」によって、この流れとは違うことがあります。

 

また、一旦は東京に来てもらって賃貸物件の契約や企業の採用面接をしたら、また地元に帰って上京の準備をする場合と、

 

東京で住む場所(社員寮やシェアハウス)を提供されて、いっきに東京へ引越しができ場合もあります。

 

上京するまでの流れは、人によってさまざまですので、支援する企業の担当者から連絡が来た際は、早めに返信することを心がけると良いでしょう。

 

・上京したい何日前に問い合わせするの?

 

学生は卒業の一年前に! 社会人は半年前が理想です!

 

最短で1ヶ月ぐらいで上京を実現する人もいますが、せめて2~3ヶ月前から問合せをするぐらいの余裕はあっていいと思います。

 

まだ学生であれば、卒業見込みとして採用試験や面接などが受けれるので、一年ぐらい前から問い合わせしても大丈夫ですし、

 

特に学生のうちは親御さんからの反対があるケースも多いので、家庭でよく話し合ってから問い合わせをすると良いでしょう。

 

定期的に上京のための説明会を開く会社もあるので、そういったのに参加して準備を進めることもおすすめです。

 

1.上京を支援してくれるサイトの紹介

上京の支援を受けるにも各社の条件などがあります。

 

年齢制限であったり、IT企業の転職希望者のみや資格を持っている人だけの場合もあれば、中卒でも高卒でも学歴に関係ない会社もあります。

 

また、支援とは言っても全ての費用を負担してくれる会社もあれば、引越し費用や交通費は自腹の会社もありますから、

 

特に資金に困っている人は、最初の段階で恥ずかしがらずに資金のことも話し合っておく方が良いでしょう。

 

後になって「こんなはずじゃなかった……」なんてトラブルが発生するのは非常に残念ですから、分からないことはきちんと聞きましょう。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

ではこれより上京の支援をしている企業を紹介していきましょう!

 

1-1. グランテストジャパン

 

仕事や住居に関する費用まで全て支援してくれます。

 

グランテストジャパンでは、東京での仕事や住居を紹介してくれて、上京時の交通費から住居の家賃&敷金&礼金まで支援してくれます。

 

しかも支援金は返金する必要はありません! 上京費用の相場は約50万円とも言われますから、本気で上京を考えてる人は是非。

 

年齢制限は特に無く、あなたの条件でグランテストジャパンから紹介できる仕事が見つかれば、男女ともに支援を受けることができます。

 

仕事の紹介に関しては、学歴も問わず中卒や高卒でも大丈夫ですし、未経験でも月収25万以上の事例もあります。(あくまでも条件次第ですよ)

 

でも、東京で働くことに強いプレッシャーを感じる人は、数ヶ月は派遣社員で働き、東京の生活に慣れてから次のステップに進むことも支援してくれます。

 

住居の紹介に関しては、寮やシェアハウスが苦手な人には普通のアパートの紹介もできますし、敷金や礼金も全額支給されるので相談すると良いでしょう。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

私が一番おすすめするのがグランテストジャパンです。

他の上京系のサイトでは一切紹介されないクローズな会社ですが、臨機応変に対応してくれます。 良かったら下記の記事も参考にしてみた下さい↓

 

グランテストジャパンとは?代表取締役の佐々木さんにインタビューしてきちゃいました!
ヒロヒロ どうも! 管理人のヒロヒロです。 今回は東京にある『グランテストジャパン(株)』代表の佐々木さんにインタビューした記事です。 グランテストジャパンとは? 相談事......つづきを読む←

 

 

1-2. Tokyo Dive(トーキョー ダイブ)

(出典:公式『TokyoDive』より)

 

TokyoDiveは仕事と住居の両方を支援しています。

 

東京で生活する不安が特に大きい人は、「90日から始める上京体験」というのがあるので、そこでシェアハウスに住み、派遣会社で短期の仕事ができます。

 

こうした上京体験のサービスは恐らくTokyoDiveしかやっておらず、他にも東京での交流会地方での上京説明会も定期的に行っています。

 

派遣社員やシェアハウスに抵抗が無い人で、まだ東京に知り合いもいなくて不安がある人には非常に向いていると思います。

 

派遣でも時給1100円以上月収20万円以上の求人も多いので、地方で実務経験があれば優遇として時給UPの可能性もあります。

 

TokyoDiveなら家賃が無料だったり、家具や家電が備わっていたり、3万円の家賃補助が出るシェアハウスの紹介などもしてくれます。

 

 

1-3. ネットビジョンアカデミー

(出典:公式『ネットビジョンアカデミー』より)

 

ネットビジョンアカデミーは仕事と住居の両方を支援しています。

 

対象年齢が18~30歳までのIT企業にエンジニアとして働きたい方の募集を行っており、2ヶ月の研修期間を経てから就職をする流れになっていて、

 

その2ヶ月間はシェアハウスの家賃が無料で、もちろん敷金や礼金もなしネットビジョンアカデミーの研修期間が終了したとしても引き続き住むことも可能です。

 

今やIT企業への転職を希望する人が特に多い東京では、文系出身者であっても関係はなくネットビジョンアカデミーにもそういった相談も多いとか。

 

しかも就職率はほぼ100%だそうですから、プログラミングスクールに通おうか迷っている人には、こうした住居まで支援してくれるのは非常にありがたいと思います。

 

ただし、初期費用としてベット代8,000円保証金3万円の合わせて、3万8000円が掛かります。 それ以外は食費が掛かるぐらいと考えてよいでしょう。

 

 

1-4. 東京みらいクルー

(出典:公式『東京みらいクルー』より)

 

東京みらいクルーは仕事と住居の両方の支援をしています。

 

支援金や補助金は出ないのですが、正社員での仕事を希望する人シェアハウスなどが苦手でアパートに住みたい人に向いています。

 

東京みらいクルーは長期的に東京での生活を考えている方に向いていて、就職の前に履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、

 

模擬面接をしてもらえたりと、事務職、営業職、IT企業などは特に熟知しているので、過去に利用した方からの評価が非常に高いです。

 

求人数は5000件以上もあって、さらに正社員での採用であれば月収25万円ぐらいで、年2回のボーナスも期待できるでしょうね。

 

東京みらいクルーは、地方での上京説明会も行っていますし、住居だけの紹介をして欲しい場合でも支援が受けられます。

 

 

1-5. ヤンキーインターン

(出典:公式『ヤンキーインターン』より)

 

ヤンキーインターンは中卒や高卒の上京を支援しています。

 

ヤンキーって名前にビビッてしまいますが、なんとこの会社は家賃&光熱費&食費が無償で提供されます。(シェアハウスです)

 

ますます怪しい……と思うかも知れませんね(笑)。 でもヤンキーインターンは本当にきちんとした支援会社ですので安心して欲しいです。

 

ヤンキーインターンに申し込めるのは、18~24歳までとなっていて、ただ単に就職先を紹介してもらうのではなくて、

 

中卒や高卒の人で将来への大きな不安を持っている人に、6ヶ月間の研修を受けてもらい、学歴に左右されず大手企業で働くことを目指していて、

 

実際にヤンキーインターンから営業職やIT企業へ転職できた実績もあって、これまでの就職率は100%だそうです。

 

東京の平均年収は全国一位ですし、若いうちに頑張って大手に就職できれば、30~40代で年収400~500万円も決して夢ではないと思います。

 

 

1-6. 保育メロト

(出典:公式『保育メトロ』より)

 

保育メトロは上京したい保育士さんを専門に支援しています。

 

東京都の保育士の平均年収は約368万円(H28年)ですから、資格をすでに持っている20~30代で上京を考えているなら、保育メトロが非常におすすめです。

 

現在も保育の現場で働きながら東京での仕事を探すのは本当に大変でしょうから、あなたの代わりに一泊二日でも効率よく面接や住居の見学を手配してくれたり、

 

自治体によって補助金に差があるので、おすすめの地区を紹介してくれたり、引越し費用や家賃補助を出してくれる求人を優先的に案内してくれたりします。

 

保育メロトは保育士専門だからこそ親身になってくれて不安や悩みの相談もできます。 資格は持っているけどブランクがある方も相談する価値がありますよ!

 

東京の土地勘が全く無かった人でも、専属のコーディネーターが対応をしてくれて無事に転職先が決まった事例も数多くあるそうです。

 

保育士不足が社会問題になる中で、将来への不安から保育メロトには20代の保育士さんからの相談が特に多く寄せられてくるそうですよ。

 

 

1-7. 工場求人ナビ

(公式『工場求人ナビ』より)

 

工場求人ナビなら時給1500円、月収30万円も可能。

 

特にこれといった上京の支援を行っている企業ではないのですが、寮費が無料だったり食事付きの勤務先などが多く、

 

中には就職の祝い金10万円がでる職場があったり、面接が不要の職場や資格が取得できる職場、女性でも働きやすい職場などが探せますので、

 

未だに東京でどんな仕事をしようか迷っている人、地元で上京資金が貯まるのが待てない人、月給25万以上は稼ぎたい人、などには向いていると思います。

 

まずは工場求人ナビで半年か一年勤務しながら貯金して、東京生活に慣れてから寮からでて、自分の好きな場所や働いてみたい仕事を探すのも、私はありだと思っています。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

実は私の妻がこの手段で上京したので紹介しました。 女性が多い工場とかも問い合わせれば教えてくくれるそうですよ。

 

工場系の求人サイトってたくさんありますけど、東京の求人が載っている中では恐らくこの工場求人ナビが一番多いでしょう。

 

 

2.月6万円以下の賃貸物件が探せるサイトの紹介

ヒロヒロ
ヒロヒロ

ここからは賃貸物件が探せるサイトの紹介です。

 

東京は全国でもっとも家賃相場が高いと言われ、1ルーム、1K、1DK、1LDKでも1ヶ月の家賃8~12万円ぐらいは普通です。

 

しかもアパートを借りるには家賃だけを払えばいい訳ではなく、敷金や礼金、それを保証する保証人も必要になる場合が多いです。

 

<契約する時に必要とされる主な費用>

・礼金|大家さんへのお礼金。返金されないお金。

・敷金|大家さんへ預けるお金。部屋の破損などに使用され、退去時に一部は返金される。

・火災保険|万が一の火災に備えておく為の費用。1~2年ごと保険料を払う必要がある。

・仲介手数料|不動産屋に支払うお金。大家さんとの手続きなどの間に入ってもらう費用。

・翌月の家賃|基本的に家賃は前払い。契約日によって日割りで計算する場合もあります。

*これらの費用はあくまでも一例です。 無い場合も他の費用が発生する場合もあります。

 

東京では礼金1ヶ月、敷金2ヶ月、仲介手数料0.5ヶ月分など、家賃の何ヶ月分かを基準にした費用がかかることが非常に多いのですが、絶対ではなく、

 

その物件の大家さんや不動産屋によって、こうした負担を少なくして借りやすいようにしているアパートもあるので、下記のサイトを参考にしてみてください。

 

2-1. 部屋まる。

(公式『部屋まる。』より)

 

部屋まる。は東京で月6万円以下の賃貸物件が探せます!

 

上京応援キャンペーンとして1万2000円の交通費キャッシュバック敷金&礼金が0円の物件特集などの他にも、

 

非常に数は少なくて競争率が高いのですが、家賃が月2~3万円の物件を紹介してくれたり、家賃が月5万円以下、家賃が月4万円以下のコーナーもあります。

 

部屋まる。って比較的に新しいサイトなのですが、もしも昔からこんなサイトがあったら良かったのにと思いますね。

 

こうした格安の賃貸物件だけを取り扱うサイトができてから、他の大手のサイトでも月6万円以下の物件を特集するコーナーが増えたんですよ。

 

部屋まる。では「安心サポート(無料)」というのがあって、市役所などで転居手続きのお手伝い、水道や電気やガスの申込み代行

 

ストーカー対策盗聴・盗撮対策近隣住民トラブルメンタルケアの相談など、東京で何かあった時のための窓口が用意されています。

 

部屋まる。では好条件の物件は、1日で即入居が決まってしまうこともあるそうなので、早めにネットから問い合わせることをお勧めします。

 

 

2-2. OAKHOUSE(オークハウス)

(公式『オークハウス』より)

 

オークハウスは格安で住めて出会いもあるシェアハウスのサイトです。

 

東京の人は冷たいとか、隣りに誰が住んでいるのか分からない不安があるなら、いっそのことシェアハウスに住むのもありですよ。

 

部屋はプライベートが守られていますし、生活に必要な家具や家電、Wi-Fiもただで使い放題だし、人との出会いだって当然ある。

 

月5万円以下月3万円以下のシェアハウスの特集ページもありますし、高額な家賃ばかりの山手線沿線のシェアハウスは魅力的な安さです。

 

オークハウスなら連帯保証人が不要だったり、敷金&礼金もかなり低く、初期費用が10万円以下で入居できてる人が多いそうです。

 

シェアハウスって最近の流行と思われがちですが、オークハウス創業20年の運営実績があって第一人者的な会社です。

 

最近では大型のシェアハウスで、シアタールーム、大浴場に岩盤浴、トレーニングジムにカフェラウンジなどもあるそうです。

 

 

2-3. キャッシュバック賃貸

(公式『キャッシュバック賃貸』より)

 

キャッシュバック賃貸で申込みすれば必ず祝い金がもらえます。

 

上京するための引越し費用を1円でも安く抑えたい人は、ぜひともキャッシュバック賃貸から物件を探すと良いでしょう。

 

ここに掲載されているものは、必ず5000円以上最大で10万円のキャッシュバックがあるので、他のサイトに載っていてもここで探して契約するとお得です。

 

都内だけでも約20万件の賃貸物件が載っていますので、そのなかで家賃の上限6万円に設定して検索すると必ずヒットします。

 

また、家賃別に安い物件から見ることもできるので、キャッシュバック賃貸のサイトから契約して、後日に申請すれば臨時収入にもなります。

 

駅から徒歩5分以内の物件特集、敷金&礼金ゼロ円の物件特集、1人暮らし物件の特集などの他に引越しのプロが教える相談コーナーもあります。

 

一部の物件で入居祝いやキャッシュバックを行っているサイトはありますが、すべての物件がキャッシュバックの対象なのはここだけでしょう。

 

 

 
SPONSORED LINK

上京に役立つサイト情報のまとめ

 

上京を支援してくれるサービスを利用しない手はない。

 

東京に住んでいる人はみんな通る道なのですが、昔は支援してくれる企業なんてほとんどなく、よくあの頃は上京できたなと思います。

 

まあ今でも東京に住むために必死に資金を貯めている人もいると思うのですが、上京する前に挫折してしまう人も多いでしょうね。

 

東京に行けば仕事もたくさんあると知ってはいても、行くための資金がないからそもそも行けずに困っている人もいれば、

 

上京はしてみたいけど、東京で働くことに対してプレッシャーを感じる人や、自分に自信が持てない人もいるでしょうし、

 

住んでから何かあったらどうしようと不安に押しつぶされている人など、みんな最初は悩みながらも上京していますよ。

 

東京に住んでみてこんなモノか……という意見も

 

東京にだって勉強ができない人や仕事ができない人はいます。

 

みんなが意識が高い人ばかりではないし、みんながバリバリ働く人ではないです。 むしろできない人でも生活ができるのが東京なのかも。

 

ここでは簡単な仕事でも時給1000円以上は当たり前ですし、小さな部屋のアパートで贅沢をしなければ普通に生活できます。

 

上京しないで後悔するよりも上京してから後悔する方が、よっぽど人生のプラスになると思っていて、東京で何も得ないで地元に引き返す人っていないと思う。

 

だけど結局は、上京を支援してくれる企業はあっても、その人次第でどうなっていくのかは大きく変わるんです。

 

東京を悪く言う人もいれば、東京を良く言う人もいる。 その両方に耳を傾けてあなたが最終的に決めればいいし、一度決めたら突き進むべきだと私は思います。 ではでは。

 

 

おすすめ記事

【年収】あなたの適正年収を調べる方法!私の結果たった573万円!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今回は「東京や沖縄で自分の適性(相場)年収を調べる方法」についてです。 あなたは今の年収に満足していますか? 現在、私は東京......つづきを読む←
東京で1日1回は仕事の不安で悩むあなたへ。10年は損した私の理想の相談者はこんな企業!
ヒロヒロ どうも! 管理人の沖縄人のヒロヒロです。 あなたの周りには仕事の相談ができる人はいますか? 他にも、夢や目標、悩みごと、転職や起業などの相談ができる人はいますか? ......つづきを読む←
【ポケットWiFi】1日114円でスマホの通信制限が解消!毎月100GB使っています!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今日は私も実際に使用しているポケットWi-Fi「Broad WiMAX」を選んだ理由と、具体的な申し込み方法を解説していきます。 (補足)......つづきを読む←

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「沖縄が東京に住むと、」をフォローしよう!

 
SPONSORED LINK

タイトルとURLをコピーしました